人見知りをお酒の力を借りてライトに克服

人見知り、自己肯定感が低い、劣等感がある。それを改善するために利用してみてはいかが?

ガールズバーの歩き方-サイトマップ



ガールズバーは人見知り男性にも利用されている

社会に出ても、男女を問わずコミュ症という男性は少なくありません。自己肯定感が低かったり、ルックスに自信がないなどその理由は様々ですが、そんな会話が苦手な男性陣も意外とガールズバーを利用しているものです。

会話が苦手だからこそ、という意味も強いでしょうか。ガールズバーはキャバクラと異なり、ソファー席に座っての接客がないライトにアルコールを嗜める場所になってくるので、人見知り男性にも利用しやすい側面があります。

そしてそこで働く女の子たちも、バリバリの水商売女子という気合の入った女性は少なく、専門学校や大学で勉強をしているようないわゆる普通の女の子が中心です。

中にはしどろもどろで接客している素人系の女の子もいるので、ガールズバーは人との会話が苦手な男性でも安心して利用できる環境が整っていると言えます。

気負わず会話ができる、それがガールズバー

人見知りを克服するには、精神科、心療内科に通って専門家のアドバイスに従い、服薬治療をするのも一手かもしれません。しかしながら単に自分が考え過ぎなだけであったり、警戒心が強いだけの場合もあるので、意外と外に出てお酒を飲みながら会話するのが効果的といいますか、荒治療になる場合もあるようです。

つまるところガールズバーという空間、お酒を楽しみながら女の子と軽くスモールトークを楽しむ、そんなカジュアルさが逆に人見しり克服には丁度いいのかもしれませんね。

例えばキャバクラでは、そのゴージャス感、女の子のモリモリに盛った髪にドレッシーな姿にある種の精神的な圧迫を感じてしまいがちですが、素人系の女性が少なくないガールズバーならば気負わず通えるはずですよ。

また客層もバラバラで、中には女性のお客さんもいることから、あまり自分に視線が集まらないのもガールズバーのメリットと言えましょうか。それに加えて、様々なコンセプトがあるのも面白いですよね!

最近はランチやサイドメニューに力を入れているガールズバーも多くなっているので、食事にアルコールを楽しみながら、少しずつ女の子との距離を縮めていくことができるので、より通いやすい環境が整ってきたと言えるでしょう。

人見知り男性が注意することは?

金銭的にも心配は少ない、そして場所も限定されないガールズバー。下手な個人セッションやカウンセリングに行くよりも、よりコスパよく人見知りを改善できる場として機能します。

さてそんな場において、お客サイドが注意すべきことはあるのでしょうか?ここではガールズバー初心者の方が陥りやすい失敗談を基に、いくつかの注意点について解説していきましょう。

@無理に話そうと思わない!成り行きに任せる。
Aお酒の力を借りると言って飲みすぎてしまわない!
B紳士的な会話を心がける。
C気になる女の子に優しくされても勘違いをしないこと。
D節度を持った頻度で通うこと。

ガールズバーは比較的お値段も良心的で、女の子も若い子が多いので、人見知り男性とてハマってしまう方が少なくありません。

まずは予算をしっかり決めて、ガールズバーにズブズブにハマらないことが大切ですよ。

きょどった男性はついつい女性の視線を気にしてしまいますが、女性は正直ほとんど気にしていません。アルコールを楽しみながら、無理せずに空気に合わせて会話を楽しむ、そんなフットワークの軽さも忘れないでくださいね。

ただし会話をする際はあくまで常識的に、自慢話や上から目線の会話にならないように意識すること、女の子の優しさに勘違いしないことも肝に銘じておきましょう。