おじさんでもガールズバーを楽しむ秘訣

40代以上のおじさん層でもガールズバーを楽しむためにはどういった所に気を付けた方が良いのかを解説します。

ガールズバーの歩き方-サイトマップ



老舗系を選ぶのが吉

ガールズバー、そこはクラブともキャバクラとも違い、エアリーな雰囲気でカジュアルにアルコールを嗜める場所。女の子たちも素人系が多く、お水の色に染まっていない、いわゆる「普通の」女の子と遊べると人気ですね。

しかしながら、働いている女の子が若い分、30代はまだしも、40代、50代以上のおじさん層は、なんだか足を運びにくいと感じる方は多いようです。

おじさんと一言でいっても、万札をうちわ代わりにする社長様から、普通の加齢臭を漂わせた社畜系、そしてコミュ障の代表のようなおじさん、ちょい悪系まで様々。

しかしながら、基本的にお店選びさえ間違わなければ、どんなタイプのおじさんでもガールズバーという雰囲気に飲まれず楽しむことができるので安心してください。

大切なのは老舗系を選ぶこと、これがおじさんでもガールズバーで楽しむ秘訣になってきます。

おじさんに老舗ガールズバーを推奨する訳

ガールズバーのコンセプトはそれこそコスプレから、着物女子まで様々なコンセプトが揃い、訪れる年齢層が幅広いことが特徴です。

しかしながらおじさんと呼ばれる年代はガールズバーではなく、よりしっとりと、そしてゆっくり上質な酒と会話が楽しめるクラブを好むので、ガールズバーではそこまで多くのおじさんは見かけません。

さてそんな状況の中で老舗系をオススメする理由ですが、お店が背負う看板や自負が高く女の子の採用基準が高いからです。

若さだけではない、言葉のキャッチボールの上手さ、教養なども考慮に採用をする傾向が高く年配のお客さんでも安心感が高まります。

もちろん30、40のチーママ的な女性はほぼほぼいませんが、老舗では女性の接客対応能力や会話術が長けているので、ガールズバーはちょっと軽すぎるから……という方でも安心して楽しめますよ。

また開店から日が浅いお店であっても、冷凍食品ばかりでは終わらない、和洋折衷のサイドメニューを揃えている美食タイプのガールズバーも最近多くなってきています。

胃もたれするから……と年代相応の胃袋事情でお酒のツマミが楽しめなくなった男性は、口コミを参照にしつつ、軽食、ツマミに本気度を感じるお店を選ぶのもナイスアイデアかもしれませんね。

立ち居振る舞いも忘れない!

さておじさんがガールズバーで浮かずに女の子とアルコールを嗜むには、お店の雰囲気だけではなく、お客としての態度も無視できない要素になってきます。

つまり女の子をシラケさせない空気、会話、そしてムードがガールズバーという空間をより上質なものにしていくのです。

さて、求められるおじさん像とは?ここでその例をいくつか参照していくので、ぜひ意識を傾けてみてください。

@ケチらない!
A過去の栄光、自分の自慢話をしない
B脱説教体質
Cギラギラの宝飾品、ブランド服で決め過ぎない
D勘違い厳禁
E清潔感のない恰好、身体

これらはガールズバーだけでなく、キャバクラ、風俗でも嫌われる事象になってきます。

ガールズバーは素人の女の子バイトも多く、社会経験が豊富でない為、これらのおじさんの行為のあしらい方が上手くない場合もしばしば。

まずは年齢相応の恰好、清潔感をベースに、あくまで会話は自分ペースになるのではなく、誰でもわかるようなスモールトークをお酒片手に適度に楽しみましょう。

プライベートを探ったり何でこんなところで働いているのか?といった会話は女性を苛立たせるばかりなので気を付けてください。

また自分が飲んでいるばかりではなく、場の雰囲気を汲んで女の子にお酒をふるまい、寛容な態度で楽しむことも大切です。

最近はイケイケ風なオヤジを目指す、ドラマに感化された痛いおじさんが増殖しているといいます。

しかし俳優さんと一般中年男性は同一視できないので、自分という土壌の中で紳士的な立ち居振る舞いをしながら、ガールズバーでの会話や雰囲気を楽しんでいきましょう。